読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱりアイツは馬鹿だった。

ついに来てしまった4/1。
エリンギプール、エイプリルフール。
自分はその瞬間を見てはいないけど、00:01にJ-Web、J-netから"田口淳之介"の名前が消えた。きっと自動更新とかなんかだったのだろうけど、こういう時だけは仕事が早い。でも待て、今(2016/04/01 20:36)FCの好きなアーティストの枠がまだ"田口淳之介"だ....!これは...もしや....まだ田口くんはKAT-.....。なんてこと言いたいけれどこれはただ仕事が遅いだけでしょうか?いや、一生このままでいいんだけど♡前回の時もサイトの変更はすごく早いのにFCの好きなアーティストの所が結構遅めだったってことまでは覚えてる。
3/31が終ろうとする頃田口淳之介で満ち溢れたTLで悲しんだ3/31-4/1の夜。それから約12時間後、グッズ詳細を見るためにやっとJ-Webを開いた。確かに淳之介田口へのページも田口淳之介の文字も消えていた。
そしてまたそれから約2時間後、「田口!?」とTLで言う人続出。何かと思えば、"SNS解禁"。ジムのトレーナーの方(?)ですかねのアカウントにもう既に田口淳之介の写真が。約14時間でSNS解禁と...。早い、早すぎる...。でもそれが何か田口くんらしく感じたよ。白のTシャツに短パンに右でムキッってポーズして、あの笑顔で笑ってる茶髪のアイツ。確かにKAT-TUNでなくなってしまうことには悲しみしかなかったけれど、こんなすぐにSNS解禁しちゃうアイツ、そんなアイツを見てなんか元気出たし安心した。そしてやっぱり馬鹿だと思いました。でも残念だったのは画質が悪くてスネ毛が見えないってとこかな。今日鍛えてるってことはこれから何かやってくれるってことでしょ?期待してるよ、アイツに。でもこのツイートで今まで届かないという丁度いい距離にいてくれた田口淳之介がすごく身近な存在に感じてしまったよ。あのツイートは一度消されてまた修正されてもう一度載せられたようだね。いつかまたきっと田口くんが自分のアカウントを作って、またもっと身近な存在に感じてしまう日が来てしまう日もそう遠くはない気がする。ただ今作るのは早いと思うから、今は他のお友達さんの方などのツイッターのアカウントで生存確認が出来れば十分かなって思う。もし田口くんが自分のアカウントを持つ日が来たら、自撮りをいっぱい載せて欲しいです。あとは田口淳之介の偽垢が出来ないことを祈るかな。

と、昨日2016/03/31を持ちまして、私のジャニヲタ第3章が完結致しました。そして本日、2016/04/01からジャニヲタ第4章中間淳太編が始まります。ジャニヲタ第1章は櫻井翔、第1.8章が亀梨和也、第2章が田中聖、第3章が田口淳之介、第4章が中間淳太となります。← また今後自分の意思で第4章を終わらせて、第5章始めるということがあれは仕方ないとして、それ以外で第4章が終わってしまうのならこの物語を本格的の終わらせることを考えようと思う。
ジャニヲタ第4章の見どころは、第2章の時に買った黄色のネックレスつけ、衣装として買っていつかライブに着ていくぞって思っていた黄色のパニエを着て、そして第4章で使っていた"淳"の団扇持ってコンサートに行くっていう所ですね。いつ実現出来るかな。
というくだらないお話でした。

たった1日で感じたこと。事前報告でよかった。正直5人のKAT-TUNを見ることが出来るまでにかなりの時間がかかった者で、、、でも今4人のKAT-TUN見れます!3人のKAT-TUNだって見れます!
事前報告であったことに感謝できた1日でした。

905日。

2015年10月12日から早く来てほしいと言った春。

2015年11月24日から永遠に来なくていいと言った春。
そんな春がやっとやって来た。いや、やって来てしまった。こんなに来て欲しくないと思った春は初めてだ。
 
ー905日。
私が"田口担"でいることができた日数、905日。
言ってしまえば田口担になった訳が1番好きだったからとかそんな理由じゃない。大好きな人が突然いなくなったから。
あの日はリーガル・ハイが始まる日だった。そして、テスト週間だった。親が突然ガラケーを持って、「衝撃的なことが書いてある。」と言われ見たメールには、自担が脱退するという内容だった。もうどうしていいか分からなかった。でもその時に何かを感じたのか、"田口なら....田口くんならずっとついてけれる...。"と思った。でも別に、KAT-TUNの中で2番目に田口くんが好きだったという訳でもなかったような気がする。むしろ、KAT-TUNを好きになった頃なんか正直田口くんに全く魅力を感じなかった。でも知れば知るほど田口くんの魅力が分かってきたんだと思う。なんと言っても1番好きだったのは今でも変わらないパフォーマンス。きっとこれに惚れていったんだろうか。2013年の5月頃から田口くんにどんどん惚れていって、10月頃はでんでんを愛してやまないやつだったと思うけれど、2番目に好きというわけではなかったはず。でも田口くんなら...と思ってから、あのメールを見てから確かそんなに時間の経たないうちに、FCの好きなアーティストを"田口淳之介"に変えた。最初はこれでよかったのかとかいろいろなことを思った。リーガル・ハイの第一話。蘭丸くんが映るたびに、"私はこの人にずっと着いていくんだ"って思っていた。
そして田口担になったわけだけど、すぐには心の底から田口担ということを言うことが出来なかった。2013カウコン、天井席にいても大きく手を降ってくれる田口くん、美しいビジュアル、キレキレのダンス。確かにかっこいいけれど、それでも何か心残りがあるのか、「誰が好きなんですか?」と聞かれても、「田口くんです。」とは言うものの、心からは言ってはいなかったんだろう。
心から田口くんが好きと言えるようになったのは2014年に4月過ぎてから。そこからはシングル発売にアルバム発売、ツアー、ドラマにカウコン、シングル発売、DVD発売、東京ドームライブとほんとに幸せだった。
quarterオーラス。最後に田口くんが泣いていた。これで脱退と言っている人もいたけど自分は絶対そんなことないって思ってたのか思わしていたのかは分からないけど、ただ久しぶりの東京ドームを見て感動しただけと思っていた。確かにそれからKAT-TUNとしての活動が減った。でも毎週ラジオやタメ旅でKAT-TUN田口淳之介の姿を見ているからまさかこんなことになるなんて一切思っていなかったし、TVで見ればいつもと変わらない田口くんがいた。10月には日程は不明だけれども春コンも決まり、やっと会える思ってメール見て泣いてた思い出。それからquarterのDVD発売し、冬になった。この冬を乗り越えれば春に.....やっとKAT-TUN、田口くん......。
でもそんな未来が一瞬で変わってしまった11/24。人生で1番泣いたかもっていうほど泣いたかもしれない。前の時以上泣いた。次の日になってももうどうしていいか分からなかって、家に帰ればまたすぐに涙がこぼれてきた。夜寝れば一瞬だけ今起きているすべてのことを忘れられるけど、朝起きればまた現実に戻って思い出してしまうから朝が1番怖かった。もう一生会えないかもしれないということとKAT-TUNの存続がはっきり分からないという恐怖。ただ救われたことは最後とは言わせたくはないけど、もう1度KAT-TUN田口淳之介に会えたこと。それでもやっぱ今までと変わらない田口くんだった。いつもと変わらない美しさ、ライトが当たっていなくても手を振る王子様、大好きなパフォーマンス。それが終わってしまえば、2016年。田口くんが辞めてしまうという年だ。でもその頃はやっぱ信じられなかった。いつかウソウソカワウソといつものような笑顔で言ってくれる日がいつか来るのではないのかとどこかで期待していた。
でも時間が経つにつれて少しずつ現実を受け入れなければならないようになってきた。淳之介田口の話2月いっぱいで終了が告げられた。3人でのドームツアーが決定。退所が日がはっきりと決まり、KAT-TUNの充電期間が発表され3人でのメッセージ動画。いろんな番組の最終回が告げられ、何もかもが終わっていく。最初は信じられなかったことが、徐々に受け入れられるようになってきた。
少し前のブログで、責めるのは誰でもないと思うと言ったけれど、様々な意見が飛び交う中もうここまで来てしまえば自担が責められておかしくないと思うようにもなってしまって…あの日から田口くんのことを嫌いになれたら...恨めるのなら...、他Gに降りてしまえば...、どんなに楽だろうかって思ったりしたけれど、どうしても田口くんのことは恨めないし、嫌いになんて慣れないし、KAT-TUNからは離れられないし、田口くんのことが大好きだし、ありがとうって想いと辞めないでって想いしかなかった。恨みたくても恨めない田口くん、それだけの恩があるから。
 
もし例えばの話、あの時に田口くんではなく他のメンバーを選んでいれば、KAT-TUN担を降りていれば、もしかしたらこんなに泣いたり辛い想いをしなくても済んだかもしれない。それでも私は今までKAT-TUN担であったこと、田口担になったことは一切後悔していません。hyphenでなければ経験出来なかったこと、hyphenでなければ出会えなかった人。hyphenであったから経験出来たこと、hyphenであったから出会えた人。何があっても「田口担でよかった!」、「hyphenでよかった!」って大きな声で言える。KAT-TUNに出会えていなければこんなに幸せにはなれなかったと思うし、こんなに楽しいことなんか経験出来なかっただろうし、素敵なhyphenさんにも出会えなかったんだ。
言ってしまえばまた明日から新しい時代が始まる。きっと明日になれば考えたくはないけれど、J-webやJ-netから"田口淳之介”という名前が消され、FCの好きなアーティストの枠が"田口淳之介"から”メンバー全員”に変わってしまうのだろう。でもあの突然の発表から約4ヶ月という期間をくれた、田口くん、KAT-TUN、事務所に田口担としては本当に感謝だなって思う。突然消えた自担の名前、予告されて消えるであろう自担の名前…どちらも辛いこと、悲しいことに変わりはないけど、残されたたった約4ヶ月という時間を田口担として生きてこれたこと、自分の一番好きなパフォーマンスを見せてくれたこと、限られた時間でたくさんの幸せを分け与えてくれたこと…。
 
このことは時間が解決してくれるのかもしれない。もしかしたら、時が経って田口くんのことを全くかっこいいとも思わなくなったり、もっと幸せをくれる人が現れたり、好きではなくなってしまう日がいつか来るかもしれない。それに、さまざまな人がいるけれど私はそんな素敵な人じゃないから、永遠の田口担なんて言えないというか言う資格なんかないし、田口くんのことずっと好きでいるよなんてそんなこと簡単に言えるようなやつじゃない。でもあんなに泣いたことないってほど泣いた夜、本当に大好きだったんだなって思えた。今、”田口淳之介は青春の一部”と言っても過言ではない気がする。先のことは何も言えないし何も分からないけれど、田口担として過ごしてきた905日間、コンサートで見せてくれた風景、大きく手を振る王子様、美しいビジュアル、笑顔、大好きなパフォーマンス、楽しかった思い出、これはすべて大切なかけがえのない大切なものであったということは確かだろう。少なくともこの905日間田口くんが好きだったことは確かだし、この先のことは分からないけど今現在田口くんのことが大好きって言葉じゃ表現出来ないほど大好きなことは間違えない。
 
あぁ・・・もっと"淳”の団扇持ってKAT-TUNのコンサート行きたかったよ。なんで辞めちゃうの。辞めないでよ。まだKAT-TUNでいてよ。田口くんの馬鹿。
 
 今は田口担としての辞めないでっていう気持ち、KAT-TUN担としてのいろんな意味での”なんで”って気持ち、田口くんの歯車のような何かを動かしたものを恨む気持ち、いろいろあるけど、田口くんありがとうって気持ちが一番大きいのかな。でも、”ありがとうございました”じゃなくて、”ありがとうございます”、”これからもよろしく”って意味を込めて。自分が田口くんの一番好きな所がパフォーマンスというかダンスだからこれからもずっと踊り続けて欲しいし、もうおじさんになってはげはげでこんなやつが踊れるのかよって周りが思うようになっても踊り続けてほしいです。
 
とにかく、田口担でほんとよかったです。幸せでした。
そして、今まで田口くんが私にくれた以上に幸せになりますように。
そしてまた、田口くんが私に幸せを分け与えてくれる日が来ますように。
 

 

どんな時も同じ空の下で生きてるって、上を向いて歩こう

 

 

10000字 亀梨和也

※ネタバレ
※勝手な個人の意見

KAT-TUNシリーズ最後の亀梨くんの10000字インタビュー読みました。
きっと書くと充電期間についてのことの感想とかが多くなりそうって思うけど、またこのインタビューで"充電期間"って風に発表してくれたことに感謝だなと思った。はっきりと、活動休止でもないことや立ち止まるわけじゃないってことも言ってくれたり、個々の活動はちゃんとあってその活動の延長上にはKAT-TUNがあるわけで。言えばこの充電期間を結構ポジティブに捉えていいのかなって思えてきた。充電器間なんてグッズがある時点でネタにしてるぐらいだからマイナスに捉えることもないってことかな← とにかく充電期間について亀から詳しく聞けてよかった。

「...何も言わずにサラッとやり過ごすこともできたのかもしれない。だけど、3人で話し合って、"いちど、グループ活動を見つめ直すためにも、個々の活動に時間を増やそう"って意思の統一ができたのに、それを発表しないままでいるということはしたくなかった。"あれ!?個々の活動は多いけど、グループの活動はやんないの?"って疑問を耳にふさぐような、グレーな部分は残したくなかったから。"僕らは、こういうことを決断しました"ってことを、みんなにちゃんと提示しておきたかった」
これ聞いてほんとに充電期間に入るということを発表してくれてよかったと思った。発表しなければ、2013年の夏のようなことや、タメ旅があったからグループ活動があったものの2015年の夏-秋の様な期間が続いてたんだろうなって思う。そしたらまたどこかのネットのニュースでは"KAT-TUN解散か!?"とかいうことが流れたりしたんだろうなって予測なんとなくがつきます。活動がなければまた不安にはなる...。でもこうして充電期間という風に発表して、解散ではないとはっきり言ってくれてることにほんと感謝だなって思う。だから充電期間はソロコンとかそういうこともやってKAT-TUNでは出来ないことをやってバージョンしてほしい。

「..."決まったからには、できるだけ早く発表させてください"ってことを事務所と話をさせてもらってたから。やっぱり、待ってくれてるファンに、関わっていただいてるスタッフさんに、ウソをつきながら活動できないよ。...」
あの発表あった時ははっきりとした時期も未定だったけど、なんでこんな前から発表するのって気持ちもあった。けど、もしあの日のように突然メールが来ていきなりいなくなったら...って考えるとじゃあ今までのこの期間はなんだったの?ってなるから早くから発表してくれたのもKAT-TUNの優しさなのかな。早くから発表してくれたからそれからの期間確かに悲しいこといっぱいあったけど、その期間を大切にできたなって今思う。

ざっくりと、やっぱり充電期間多め。あと思ったのは亀梨和也ほんとにかっこいいなってこと。人として。グループとしてKAT-TUNを大きくしたいっていう感じがほんと伝わってきたかな。KAT-TUNという船、バージョンアップして目指す場所にいつか辿り着けますようみ
に。もちろん自分も乗って。

ひとまず終了ってことで。最初田口くんの感想を書いたら他のメンバーも書こう思ったけど、結局田口くんにたいしてのこととかグループにたいしてのこと感想が多めで....。後は自分の文章力のなさにほんとに気付かされました。
最初この10000字やるってなった時はきっと他のことを聞くのだったと思うけど、11/24から謎ばかりだったことが徐々に徐々にと完全ではないけど分かっていった部分があって。この期間にこのインタビューがあってほんとによかったなと思った。

10周年関係いろいろまとめて。

10周年関係のことをいろいろまとめて更新。

【目次】

    1.KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY

    2.hyphen会in名古屋

    3.ベストアルバム"10Ks!"

 

    1.KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY

KAT-TUN、デビュー10周年おめでと!!!!
本当はこの事昨日書こうと思ってたけどhyphen会に行き、アルバム見たりしてたら眠くて書く前に寝ました←
とは言っても、私はKAT-TUNをデビューから応援しているわけでもなく、hyphenになったのもここ数年って感じですけど、いろいろなことありましたが「hyphenでよかった!」「KAT-TUN好きになってよかった!」って大声で言えます!
これまでKAT-TUN好きになってから、離れてもおかしくない事あったり、他Gのdrたりしたりしたこと何度もあるけどなんやかんやあっても、絶対に戻ってくる場所はKAT-TUNで、KAT-TUNを離れるなんてことなんて出来ませんでした。どんなに辛いこととかがあっても、KAT-TUNを見ればそんな辛いことを忘れられて笑わせて、もう何かKAT-TUNが生活の一部で、結構”KAT-TUNが全て”って感じになってた部分もあって、だからKAT-TUNに何かあったときはすごく泣きました。でもまたすぐKAT-TUNは幸せにしてくれました。他の人の比べれば担暦まだ未熟なこんな奴だけど、KAT-TUNが大好きです!!!!
KAT-TUN10周年ほんとにおめでとう!!!これからもずっとついていくし、ちゃんと働いてお金貯めて、貢いで、遠征して、KAT-TUNのライブ遠征で福岡に行く←
KAT-TUNに出会えて幸せです。ありがとう。
 
    2.hyphen会in名古屋
そしてそして、昨日はkameri主催のhyphen会に参加して来ました!
集合してから、ジャニショにGoing!といっても、この前行って今出てる写真のとりあえずの分は買ってあったんで、自分は買わなかったんですけどね←
そこからはナゴヤドームに行きました!!
まず、ドムジャでご飯食べながらいろいろおしゃべりしました、ご飯は第一ラウンドがサブウェイのローストチキンのトマトとオリーブを上限まででバルサミコソースにポテトセットのチーズ、第二ラウンドは31でさくらとオレオ抹茶とストロベリーチーズケーキのトリプルで頼みました!!サブウェイは初めて上限まででって頼んだけどトマトとオリーブ好きだから上限でちょうどよかった!これからも上限までで頼みます← クーポン券ももらったから今度使えるかな…w 31は久しぶりに食べた気がするけどどれもおいしかったです( ˙༥˙ )♡
f:id:makorinr:20160323232002j:image
ご飯食べた後は、ドムジャふらふらしたり、プリ撮ったりしました!!やっぱ団扇は自分より盛れるね←
そして、それからはドームをふらふら。ドームを徒歩1周しました!徒歩1周するのこれで2回目だけどやっぱ長いですね…こんな大きい会場でKAT-TUNが今度ライブをやると思うとわくわくしますね~!それからは写真を撮ったり、おしゃべりしたり。団扇並べて倒れたときに「わが子が~」って騒いだりしてね、すごく楽しかった!!名古屋ドームで田口くんの団扇もって写真撮れてよかったです。゜(´⊃ω⊂`)゜。
f:id:makorinr:20160323232150j:image
からの、もう1回ドムジャ戻って、またちょっとしゃべって終了だったかな?
はじめましての方もいたけど、いろいろな方としゃべれてKAT-TUNの10周年お祝いできてよかったです。お手紙とかもいただいたりして、昨日hyphen会に参加された皆様ありがとうございました!
10Ks!!!!!
 f:id:makorinr:20160323232158j:image
  
  3.ベストアルバム”10Ks!”
やっと昨日アルバムをゲットして参りました!最近はいつも配達でフラゲしてたんですが、今回がフラゲの日学校ないから一番朝早くフラゲ出来るであろうところで予約をしたんですが…まさかのフラゲできず。hyphen会帰ってきてからダッシュでチャリ漕いで取りに行きました!
一応一通り見たけど、これでこの値段でいいのってレベル!!正直、シングル買えるようになったのも高校生なってからのIn Factからで、それまでは買うとしても初回2の方とかでA面のMVが入ってない、ソロMVとかが入ってる方を時々買っていただけで…MVとかは動画とか探して見てた人なんですけど、今回アルバムを1つ買うだけでA面のMV全部手に入ってしまいました…!ありがたい、ありがたい← やっぱ動画で見てても画質が汚くてKAT-TUNのお顔がはっきり見えなかったりしたことがあったんですけど、やっと綺麗な画質で大きなお家のTVで美しいKAT-TUNを見ることが出来ました。順番に見ていくから、髪形が変化していったりとね、いろいろな見方できたと思います。まだ見たりないんでね、時間があるときにまた!!
あとはハイフンセレクション。リクエストした曲5曲入ってるけど、一番楽しみだったのがバウンスガールね。やっと音源化されて、元々曲自体すきだったからうれしいし、ラップの部分とかも含めてちゃんと聴いたの初めてな気がするけど、やっとCDで聴けることに感動、そして感謝!! 
そして、新曲の君のユメ ぼくのユメ。唯一の新曲って感じですけど、とにかく歌詞がいいのよね。歌詞載ってるの見て歌詞少な(←)って思ったけど、いろいろ想いこめられてるなって思って感動。これライブで最後の方に歌うだろうけど、ライブで歌われたらほんとに感動なやつですわ。とりあえずこの曲はMステで披露ってことでフルで歌ってくれることを祈っております←
すごいいいベストアルバムでした!!6人も5人も4人も、そして3人も入れてくれたことにほんと感謝!!

改めてKAT-TUN10周年おめでとうございました!
  

 

 

 
 

"10Ks!" アルバム詳細&当落

 

 久しぶりに更新させていただきます。

UNLOCKウィークリー1位が発表された(おめでとう)今週の火曜日にKAT-TUNベストアルバム"10Ks!"の詳細とドームツアー10Ks!の当落の発表がありました!

 

ーベストアルバムからー

正直私ベストアルバムの詳細あんま把握してないんですね← でも、今までのシングルのMVが全部ついてきたり、通常版にはミニポスターが付いてきて、「君のユメ ぼくのユメ」という新曲が収録されて、とにかく安いっていうことは把握しております←

そして、今回はなんと言ってもHyphen Selection!!これの収録曲が出ることを楽しみにしておりました!!(以下収録曲)

収録曲

1.ハルカナ約束

2.Will Be All Right

3.PERFECT

4.MOON

5.NEVER AGAIN

6.BOUNCE GIRL

7.4U

8.GOLD

9.YOU

10.RAY

11.THE D-MOTION

12.PRECIOUS ONE

13.STAR RIDER

14.春夏秋冬

15.Peacefuldays

 

そして、自分が投票した曲が↓

THE D-MOTION

STAR RIDER

あの日のまま

MY SERCRET

 DANGEROUS

ハルカナ約束

PROMISE SONG

ON&ON

4U

BOUNCE GIRL

何気に5曲も入っておりました!!とにかくこれでうれしかったのが、念願のBOUNCE GIRL音源化ですよ!!BOUNCE GIRLは確か配信だけでそのときまだガラケーだったけら結局入手できず、やっとのことでiphoneで聞けるという感動でございます!!あとはスタライとDモが収録されるのが嬉しい!!ライブでもこの収録曲メインで歌ってくれるのかなーとか勝手に考えてるけどほんとにDモもスタライもライブで見てこそって所あるから嬉しい!スタライなんかChainで歌ってもう歌わんだろうなとか思ってたら、少プレ、quarterで歌ってくれてもしかしたら10Ksでも・・・・なんて期待したり、Dモも好きだけどもう生では聞けないだろうなって思ってたら、2013カウコンとquarterと歌ってくれてこれまた10Ksでもなんて期待してます← バウンスガール以外は今まで音源で聞けたけど、やっとって感じでバウンスガールが入ることが1番嬉しいかな?

 

ーつづいて当落についてー

今回意外とすぐ繋がって、最初家電で間違えて他の番号に電話しちゃってて、それに気づいてかけなおしたら、一発で繋がりました!この前せくぞお手伝いしたときと大違いwこんなすぐ繋がったことないから感動でございます←

結果は、申し込んだ公演、4/3,4/30,5/1すべて当選でした!!が、4/29に追加公演があるってなって行きたかったからチケットお譲りいただけることになって入れることになりました(泣)追加できるぐらいだから結構申し込みあった感じなのかな?ということで10Ksは4公演入れることになりました!京セラも行きたいけど…平日なのが…(泣)

もう1ヶ月きってるから来週あたりには名古屋のチケ発送あるかなと勝手に思っております。それまでにいろいろありますけれども何がどうであり楽しみの一言でございます。

 

あとは市場さんに会うために、4/30の舞台のチケットを取るのみ!先行落選してる方結構いる感じで不安ですが、ライブ→舞台→ライブ→ライブという東京遠征を神プランにするために一般頑張ります←

 

淳之介田口の話とか。

これから最後の〇〇という言葉をよく聞くようになるのだろう。

 
今日は「淳之介田口の話」が最後の更新だった。連載が始まったのが2011年7月。自分はこの連載を最初から読んでいたわけではなくて、J-Webに登録した2011年12月頃から読み始めた。今思えば、毎回毎回長文で、最初は週1回、途中からは週2回と毎回時間をかけて書いてくれたんだな。ファンへの質問に答えたり、絵を書いたりと、すごい近い距離で楽しめた気がする。そして今日もいつもと同じ雰囲気の淳之介田口の話だった。
 
思い出せば、聖と田口くんでの合同企画、ole之介の話ってのもあった。投票したのが全部聖の方ので喜んでいたこともあった。さすが聖担のme.....
また思い出せば、田口くんから200文字ぴったりのラブレターを貰ったこともあった。久しぶりにとスクショしたラブレターを見てみたら、
どうかこれからも僕の側で寄り添ってくれないか?一緒に最高の思い出を作ろう。淳之介

なんてことが最後に書いてあった。これは2014年ぐらいだけど、これからの2016年、2017年....その先もずっと側で寄り添って、一緒に最高の思い出が作れたらどれだけ幸せなことだろうか...。

謎のキャラが登場したり、絵描き歌作ったり、こんなときにも関わらず「春カモン」って言っちゃってたり…なんていろいろな事を思い出した。
 
バイバ~イ
なんて、まだバイバイなんかしたくないし、これからもずっと寄り添っていたいけど、「どんな時も同じ空の下で生きてるって、上を向いて歩こう」って聞いてなんか少し晴れたな。たとえどうなっても同じ空の下生きてるわけで。
 
田口くん約5年間お疲れ様でした。どんな時も明るい文章で、絵文字使ったりして、かわいくて、ほんとにありがとう。終わっちゃうの悲しいけど、まだマニュアルがあと1回あるからそのときにまた田口くんの暖かい文章が読めたらいいな。
田口くんのありがとうにありがとうって言いたいです。
田口くん大好き。
 

時間の経過とか。

テスト終わって落ち着いたとこ、今日が淳之介田口の話最後の更新となり、明後日が「UNLOCK」田口くん最後のシングルが発売になったり、日本の出番に田口くんが出演するのが3/15まで、少プレ最終回、タメ旅最終回....どんどんタイムリミットが迫ってきてるなと感じる様になってきた。

12/13、12/18に更新した記事を見てみれば、「田口くんほんとに辞めちゃうの?」とか「いなくなることが信じられない」とか言っているけど、正直今はそんな気持ちが薄れて来ている。『10Ks!』3人でのライブが発表されたり、メンバーからのメッセージ動画に自担の姿がなかったり、次のMyojoの表紙に田口くんはいないと聞いたりとと....何か自分の中で4月以降のKAT-TUNというのを受け入れている気がする。
 
この前ものすごく熱く語ったのが、この世で一番怖いのは時間の経過ということ。時間が経たなければ、面白くないけど何も変わらない。今幸せだという人はずっと幸せでいられる。今がつらいって思う人だってこの時間が経てば幸せになれるかもしれないけど、これ以上辛い思いをすることもない。ただ今以上に幸せにはなれない。時間は何もかもを変えてしまうから怖いと、この前修学旅行のときにリア友に語ったら、意外と共感してくれました。←
結局何が言いたいかというと、時間止まってくれということ。時間が今で止まれば、UNLOCKだって手に入らないし、Mステに出るKAT-TUNだって見られないけれど、時間さえ止まってくれれば、ずっと今のままでいれる。結局4月以降のKAT-TUNを徐々に受け入れている気がするとは言ったけど、思っていることは12/13、12/18のときとは変わならないんだろうな。
陽がもしも沈まないなら・・・・・(青い種子)
 
あとは今そばにいる人がいつまでも、ずっといるわけじゃないからな(^^) その人との時間を大切に。 

 

 濵ちゃんのなにわぶ誌での言葉。なんかじーんと来たのよね。正直、あの日までは田口くんはずっとそばにいてくれるって思ってた。でももう今となってはタイムリミットが刻々と迫ってきているわけであって。じゃあ今自分に何が出来るのって考えたら、田口くんとの時間というか田口くん、4人のKAT-TUNを見ること、この時間を大切にしたいなと思った。

そしてこの先もずっと…。