読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10000字 田口淳之介

※ネタバレ
※勝手な自分の意見

田口くんの10000字読んだ。

若干読むの怖いなとも思ってたけど読んでよかった。言葉を探して出来る限りの事を話してくれたし、ちょっとスッキリした。読んだら「自分の人生」とか「自分の道」とか言ってる所から自分の中で憶測?が生まれちゃったけど、田口くんはKATーTUNが大好きだし、そんなKATーTUNが大好きな田口くんが私は大好きなんだなと思った。

「もちろん"どうして?"という部分に関して、多くの人が疑問に思ったと思う。もちろんファンの方が知りたいのもわかる。ただ、なんていうんだろう。アイドルという夢を与える職業は僕には荷が重すぎた。ひとりの男としてもっと自由に生きていきたいと感じたといか.....」
誌面で10000字読む前から聞いてたけど、胸にささるね。荷が重すぎたというか、いろいろアイドルでいる以上いろいろ制約?を受けるのが大変だったのかな。なんか具体的な理由を言わないのも夢を壊してしまう可能性があるから言わないのかなって思った。でも田口くんからはほんとにたくさんの夢を与えてもらったな。田口くんっていう単語が魔法の言葉の様になっていたし、田口くんの笑顔だけで何もかもが頑張れた。田口くんの自由を奪って幸せに自分はなってたのかもな。でも例えひとりの男としてもっと自由に生きる田口くんの人生も応援したいんだよな。外部が他人の人生に口出すなって話だけど。

「簡単に納得いく問題ではないのは、わかるんで、でも聖が抜けたとき、かなり時間はかかったけど、"しょうがないことだった"て気持ちが、僕の中に芽生えたんです。メンバーに、そんな想いがいつか芽生えてくれたらなって.....。」
なんかさっきのことよりこれ胸にささったんだよな。まあ確かに自分も田口くんと同じこと思ってるのは間違えないんだよな。だから過去のことを完全にってわけじゃないけど消化出来たんだと思うけど。しょうがないことだったと思えなくはないけど、必死で引き止めたメンバーにそんな想いが芽生えてくれたらってなんかな.....。言葉じゃ表せないけどいろいろ思った。

「ファンの方に対しては、今、見せられる100%のパフォーマンスをお見せするだけなんで。だから2016年春以降のことはまだ考えるべきでも語るべきでもないというか。もちろんパフォーマンスは好きなんで、続けたいという希望はあります。でも今はただKATーTUNのメンバーとして活動する最後の日まで、100%のパフォーマンスを続けたいだけというか。KATーTUNの田口淳之介をまっとうしたい」
これ聞いてすごい安心したの。100%のパフォーマンスを最後まで見せてくれるだろうなってのはあの日から思ってた。それより、自分はKATーTUNから田口くんがいなくなることより田口くんが見れなくなることが怖い。でもパフォーマンスを続けたいって希望があるって聞いて安心した。それなら田口くんをまた見ることが出来る希望があるよね。希望だからまだ分かんないけど、田口くんが大好きなKATーTUNという場所で身につけてきたスキルを発揮しないのは勿体無いと思うから、好きなら続けてパフォーマンスしてほしい。そのパフォーマンスする田口くんの姿をこれからもずっと見ていきたいよ。田口くんに興味を持ったきっかけはダンスだから。100%のパフォーマンスをどんな田口くんであってもこれからもずっと見ていけたらいいな。

きっとまだ今後ってのははっきりとは決まってないんだろうけど、辞める理由も自分の今後を考えてってことだから半々なのかな?結局これを読んで納得したわけじゃない。とりあえずシューイチで中丸くんが言った通り、出来る限りでいいから田口くんの口から理由、今後聞きたいです。
勝手な考えでした。